楽器・音響機材レンタル

  06-6994-3104   10:00~24:00

音響機材セット

▶ PAセット

▶ その他のセット

楽器・機材

▶ PA機材

▶ 楽器

▶ その他

  オペレートサービス

オペレートサービスは、料金上は音響機材レンタルのオプションサービスとなります。
しかしながら、オペレートサービスをお申し込みの場合は、お打合せ時の音響プランニングからご相談させていただき、当日もイベントにスタッフが張り付きになりますので、実質的にイベント音響のサービスとなります。

料金

オペレートサービス料金

税込 15,000円/日

オペレートサービスに含まれるもの

当日の音響専門スタッフ2名
事前のメール、電話等によるお打合せ
事前の現場お打合せ1回

 Page Top

お打合せについて

メール、電話等によるお打合せ

基本的にお打合せはメール、またはお電話で行います。
お見積書、受注書といった書類も、メールまたはFAXによるやりとりになります。

お伺いする内容
お客様に関すること

お客様方ご担当者様お名前
お電話番号
メールアドレス、等

イベントに関すること

イベント内容
出演者詳細(音楽ものの場合は各アーティスト楽器編成)
タイムテーブル、等

会場に関すること

会場名称
会場方ご担当者様お名前
会場詳細(室内or野外、広さ、動員、階数、エレベーターの有無)
駐車場のありなし
会場入り口、搬入経路、等
※会場に関することは会場に直接ご連絡する場合がございます。

お打合せ内容

イベント内容から機材を選別、お見積もり書送付
ご予算等から機材内容の調整
タイムテーブル詳細の詰め、スタッフ入り時間等の設定
機材の配置、移動の打ち合わせ、スタッフ待機場所等
お客様の方でお持ち込み機材のある場合は、機材の仕様、型番等をお伺いします。

現場お打合せ

現場お打合せは1回のみ追加料金なしで可能です。
二回目以降、もしくは現場お打合せ後に案件自体がキャンセルになった場合は、現場お打合せ一回につき5,000円を申し受けます。

お客様からのご依頼がない場合は、弊社単独での現場の視察を含み、現場お打合せは行いません。

 Page Top

弊社持ち込み機材(レンタル機材)以外の機材オペレートについて

お客様の持ち込み機材

お客様のお持ち込み機材は、原則的にお客様の方で操作をお願いいたします。
弊社機材と接続する場合につきましては、インターネット等で調べられる範囲での仕様や操作方法の確認等を行い、当日問題なく対処できるように努めます。
しかしながら原則としては、故障や改造等の機材の状態、機材の動作、弊社スタッフの当該機材に対する知識を含み、一切のことは補償いたしかねます。

会場の機材

会場の機材につきましても、原則的にはオペレートサービスの対象とはしておらず、故障や改造等の機材の状態、機材の動作、弊社スタッフの当該機材に対する知識を含み、一切のことは補償いたしかねます。
ただし、その上でお客様と弊社スタッフとの相談の結果として、会場の機材を利用するプランを立てることはございます。

乗り込みオペレートについて

機材の手配は別所で行う場合、オペレーターの派遣のみのご依頼をいただくことがございますが、原則的に乗り込みオペレートは受け付けておりません。
あしからずご了承ください。

 Page Top

音源のお持ち込みについて

CD

CDプレイヤーは、TASCAM CD-RW901mk2、他になります。
市販の音楽CDでトラブルがあったことはこれまでございませんので、市販の音楽CDにつきましては安心してご利用頂けるかと存じます。

お客様作成のCD-Rについて、ごくまれに再生できないことがございます。
TASCAM CD-RW901mk2、他で再生できますのは、CD-DAフォーマット(オーディオCD)及びMP3のデータディスク(データCD)となります。
当日のトラブル発生を防ぐため、確実に上記フォーマットでCD-Rを作成してください。
また、予備音源のご準備をお勧めいたします。

ディスクの状態(傷、汚れ、記録状態)や、再生機器の読み込み可能範囲の限界近くまで書き込まれている場合、等の原因からも、CD-Rを再生できない場合がございます。
また、お客様の方のCD-Rの再生確認について、カーステレオ等のディスクの再生環境が悪い場合でもエラー補正を強くかけることによって再生を可能にしているような機器で再生できたとしても、CDデッキで再生できない場合はございます。

ご心配な場合は、本番用のCD-Rと全く同じように作成したコピーを弊社スタジオまでご郵送いただきましたら、事前に再生確認をさせていただきます。

iPhone等のスマートフォン

iPhone等の携帯電話で音を再生していただき、イヤフォン用のミニフォン端子からミキサーに入力して音を出すことは可能です。
一部ワイヤレス機器などは対応できない場合が考えられますので、そのような場合はイヤフォンの接続を可能にする変換機器をそちらでご用意ください。
ライトニング端子の変換プラグは通常準備しておりますが、念のため事前にライトニング端子から出力する旨、ご連絡ください。
スマートフォンでの音の再生は、ロックがかかり再生できない等の事故が発生しうるため、必ずお客様方のご担当者様にお願いいたします。
スマートフォンをご使用の場合は、再生時のタイムラグ、着信音などにご注意ください。

PC

イヤフォン用のミニフォン端子からミキサーに入力して音を出すことは可能です。
オーディオインターフェイス等はレンタルしておりませんので、ご使用になりたい場合はお客様方でご準備ください。
お持ち込みPCの操作は、原則そちらのご担当者様にお願いいたします。

USBメモリ

現状、対応しておりません。
PC等をお持ち込みください。