大阪のレコーディングスタジオ スタジオオーク

Studio Orque

納品、データの持ち込み/持ち帰り

納品について

納品データ形式

原則的にWAV形式での納品です。
お渡し方法は、下記のいずれかとなります。

① CD-Rでのお渡し
② お持ちの外部記憶メモリ(USBメモリ等)にコピー
firestorage等のインターネットストレージにて送付(メール使用)

CD-Rはスタジオでも販売しております。

太陽誘電CD-R税込¥100/
太陽誘電製マスター用CD-R税込¥500/

マスタリングについて

WAV納品の場合、別途マスタリング代金は発生いたしません。
マスタリングなしの2mixも納品可能です。
特に指定のない場合、録音時の解像度は24BIT48kHzとさせて頂いておりますので、納品2mixも原則左記解像度までとなります。
※納品に関する注意事項※
・DDPデータが必要な場合は外部提携スタジオにてマスタリングとなり、別途料金が発生します。ご相談ください。
・プロジェクト終了後のデータの保管義務は負いません。必要なデータはお持ち帰りください。

データの持ち込み/持ち帰り

他のスタジオで録音したトラックを持ち込みたい 場合や、
レコーディングしたデータを持ち帰って家でミックスしたい 場合などのオーディオデータのやり取りについて説明します。

オーディオデータ対応形式

持ち込み、持ち帰りともに下記形式に対応しています。
持ち帰りは指定のない場合WAVでのお渡しになります

形式WAV, AIFF, mp3
ビットデプス16BIT, 24BIT
サンプリングレート44.1kHz, 48kHz, 96kHz

表にないその他の形式をご希望の場合は事前にご相談ください。

バラデータの再生開始位置について

持込みデータの再生開始位置は可能な限り揃えて下さい。
何度かに分けてレコーディングした場合などは、ファイルはこの様にバラバラになっています。
このままバラデータとして持ち込むと、各ファイルの位置関係を元の状態に戻すことはほぼ不可能です。
各トラックごとにデータをまとめて、再生開始位置が揃うようにします。

Protoolsセッションファイルの持ち込みについて

Studio OrqueのProtoolsシステムは下記になります。
ファイルが開けるようエクスポートしてお持ち込み下さい。

Power Mac G5
Protools HD3 Accel PCI-x Version 8.0.1cs2

ファイルの送付方法

原則インターネット経由でのご送付をお願いしております。
以下のようなストレージサービスをご利用ください。
firestorage http://firestorage.jp/
ギガファイル便 http://gigafile.nu/

宛先は studio@orque.jp までお願い致します。
CD、DVD、USBメモリ等での持ち込みをご希望の方はお問い合わせください。

※データの持ち込み/持ち帰りに関する注意事項※
・プロジェクト終了後のデータの保管義務は負いません。必要なデータはお持ち帰りください。
▲PAGE TOP